建築設計事務所一覧サイト

建築設計事務所一覧サイトは全国の建築設計事務所を紹介するリンク集です。
MENU

設計とは何?

設計とは、「設計監理業務」のことです。
次に実際の順番に沿って設計の基本的な業務内容をあげます。
ぜひ知っておいて頂きたい内容です。
なお、ここで説明している内容は建築家が設計する際の方法で、
ハウスメーカーや工務店の場合、異なる場合があります。

 

基本計画

 

基本計画とは、具体的に図面化する前に建築家が行う構想の段階をいいます。

 

 

ららら


 

[敷地計画]
・敷地に建物をどう配置するかを検討します。
・敷地全体を、外構を含めて計画していきます。

 

[平面計画と空間構成]
・一般的に「間取り」と言われているものです。
光や風や景色といった要素をどのように取り入れるかと言った事も決めます。

 

[コストプラニング]
・建物の規模と木造にするか鉄筋コンクリート造にするか等によっておおよその予算を想定します。

 

[材料の検討]
・耐久性や質感を考慮しおもな材料について検討します。

 

[設備計画]
・おおまかな設備を建主の要望を聞きながら考えます。

 

 

実施設計

 

実施設計とは、基本設計によって決定し書き出した計画を、デザインと技術の両面にわたり細部の検討を行うことです。これによって実際に工事を発注するための”実施設計図書”が出来上がります。基本設計をもとに構造設計、電気、給排水、空調等の設備設計、外構や植栽設計が行われ、結果として、建物の骨組みについての構造計算書や各分野の細かな図面が作成されます。

 

”実施設計図書”は上記のようなさまざまな図面と、使用材料の品質を明記した”仕様書”で構成されますが、これがないと工事の見積はおおまかなものとなり、後々トラブルの原因になりかねません。建主にとっても、施工者にとっても大変重要な作業です。

 

 

工事監理

 

建築家は建主の代わりに工事の監理を行います。施工者の”管理”は現場の作業を指揮すると同時に、品質を管理しますが、建築家の行う”監理”は施工者の品質管理を確認することをさします。

 

つまり工事が”設計図書(設計図)”どうりに行われているかどうかをチェックする業務です。専門的になりますが、具体的には次のようなものがあります。

 

・工事請負契約への協力
・施工者の工事見積書の検討
・施工者への設計意図の伝達
・施工者の作成する施工計画の検討及び助言
・施工者の作成する施工図の検討及び承認
・工事状況の確認及び報告
・官公庁検査の立会い
・工事完成検査の実施
・工事費支払いの審査及び承認
・工事監理業務完了の手続き

 
このページの先頭へ