建築設計事務所一覧サイト

建築設計事務所一覧サイトは全国の建築設計事務所を紹介するリンク集です。
MENU
建築設計事務所一覧サイトは全国の建築設計事務所を紹介するリンク集です。

設計図ってどんなもの?

設計士の書く設計図(設計図書と呼ばれています)には
様々な種類がありますが、次にあげるのはその中の基本的なものです。

 

種 類 内容・チェックポイント
付近見取図(案内図) 建設予定地とその周辺の状況が示されている。
配置図 敷地に対して建物がどの位置に建つのかを示します。

道路や隣地との距離、玄関や駐車場といった要素をチェックして下さい。

求積図、面積表 敷地と建物の各面積を示します。
平面図 もっとも基本となる図面で、間取りや部屋の配置大きさ等を知ることができます。

自分たちがどのように部屋の間を行き来するか想像してみましょう。

立面図(東西南北) 各方角からの建物の外観を知ることができます。

屋根の形や窓の位置のバランスやデザイン、周りの環境と調和しているかを検討しましょう。

断面図 建物の断面をみることができます。基本的な個所の高さ関係をチェックしましょう。

特に階の高さ(階段の登りやすさに影響)、天井の高さ(空間の広がり方)等は大きな要素ですので、十分検討しましょう。

以上は基本設計段階で描かれるもの、以下は実施設計で描かれます。

基本設計の段階でじっくりとよく考え、設計者と話し合いましょう。妥協せずに時間をかけて下さい。

仕上表 建物の外部や内部に使用される材料を細かに示しています。

一般の人に内容はほとんど分からないでしょう。しかし、色合いや見え方を左右しますし、 工事費に直結しますので設計者から十分説明してもらいましょう。

矩計図(断面詳細図) 断面図を細かく表したものです。

床や壁や天井の中がどうなっているかを知ることができます。

平面詳細図 平面図を細かく表したものです。

扉の幅や設備の置かれ方が分かります。また家具や造付けの家具がどのように配置されるかを知ることができます。

展開図 各部屋の各方角の壁が表現されています。

部屋の状況が立体的に分かりますので、窓や扉の位置・大きさ等をチェックしましょう。

家具詳細図 新たに造る家具の寸法や材料が示してあります。
建具表 その家に使われる窓、扉等の建具を表で見ることができます。

扉の色合いや取っ手の種類、ガラスの断熱性能等を設計者に確認しましょう。

屋根伏図 屋根を上から見た図面です。
天井伏図 天井を見上げた図面です。吹抜けやライト等、天井に取り付く器具を確認できます。
基礎伏図、床伏図、小屋伏図 これらは構造図とも呼ばれ、家を支える為の材料や寸法が示してあります。

一見すると分かりづらい図面ですが、家を建てるために重要な図面です。

雑詳細図 施工業者へさらに細かい点を伝えるために描かれる図面です。
以上は建築図、以下は設備図と呼ばれます。
電気設備図 電気設備の系統が分かります。

各階の照明やコンセントの位置等を検討しましょう。

給排水設備図 トイレや洗面所や浴室などの、給水・排水を知ることができます。

 

 建て主の希望や理想を実現するためには、これらの図面をしっかりと作り上げるかに掛かっています。分からない点はそのままにせず設計者に納得がいくまで尋ねて話し合いを重ねて下さい。図面を描く段階で、建て主が積極的にかかわるかそうでないかで、家の出来は大きく左右されます。

 
このページの先頭へ